抗炎症作用のあるローションを選ぶ・貯水できる保湿肌をめざしましょう。 女性の肌は、環境によって大き...

肌荒れに効く化粧水を選ぶためのヒント

抗炎症作用のあるローションを選ぶ・貯水できる保湿肌をめざしましょう。
女性の肌は、環境によって大きく左右される、とてもデリケートなものです。心身ともにストレスを感じると、ホルモンバランスが崩れ、肌荒れしやすい肌状態になります。そんな肌トラブルは、炎症を抑える作用のあるローションを選ぶ事が大切です。
ホルモンバランスの崩れもそうですが、乾燥した肌を放置しておくと、肌のバリア機能が低下していきます。バリア機能が低下すると、肌の生まれ変わりのサイクルが乱れたり、古い角質がたまりやすくなり、大人ニキビにもつながります。
そんな女性の肌には、保湿ケアを重点においたスキンケアがとても大切です。肌が保湿されることで、ほとんどの肌トラブルが解決するからです。角質層をうるおいで満たし、外部刺激に強くなれば、肌内部の炎症を繰り返すことが少なくなります。ゆらぎの無い肌をつくるには、抗炎症・保湿・低刺激の3つのポイントを抑えましょう。使うたびに実感する、肌のハリやキメの細やかさに、ストレスを感じない毎日を送ることができますよ。